MOTOYA IZUMI

和泉 元彌

  いずみ   もとや

狂言和泉流二十世宗家

 

本 名  山脇元彌 ( やまわき もとや )

出身地  東京都

生年月日 1974年 6月 4日


和泉流十九世宗家和泉元秀の嫡男。祖父は人間国宝九世三宅藤九郎。

修行は一歳半から始まり、四歳の時「靭猿」で初舞台。九歳で狂言最高の格式を持つ「三番叟」、以来「奈須與市語」「金岡」、史上最年少十六歳で秘曲「釣狐」、二十歳で大曲「花子」を披き、二十世宗家継承者成人披露を行う。二一歳で宗家継承。二四歳で一子相伝「狸腹鼓」を真の型で初演。また近年は和泉流の最奥秘曲「比丘貞」「枕物狂」を披き新たな境地に。和泉流宗家の自主公演、世界遺産の伊勢神宮をはじめとした神社仏閣での奉納、自治体主催公演、学生の鑑賞教室、万博をはじめ海外公演など狂言の普及につとめる。

 また、紅白歌合戦の司会や大河ドラマ「北条時宗」主演、明治座・コマ劇場などでの座長公演など多方面で活躍。ネスカフェゴールドブレンドのCMには最年少での出演を果たした。近年は、映画「さつまおごじょ」で海外映画祭での受賞多数。映画「陽は落ちる」では、ミラン国際フィルムメーカー映画祭短編映画部門最優秀助演男優賞を受賞。映画「忍性」「ウスケボーイズ」「おけちみゃく」は記憶に新しい。AMAZONプライムビデオ「ウルトラマンオーブ ジ オリジン サーガ」出演中。また、大伴家持公生誕千三百年年を記念した舞台に主演ほか、外部舞台への主演も多数。今秋は、映画「応天門の変」(秋原北胤監督)の上映も控えている。